「トレオニン」の効果・効能・副作用

トレオニン

トレオニンは、スレオニンとも呼ばれており、ヒトが体内では作り出すことができない必須アミノ酸に分類されています。スレオニンは、成長に関わっている栄養素であり健康面、美容面の両面での効果が期待されて注目を集めています。

効果・効能

  • 脂肪肝の予防
  • 美肌効果
  • 髪の毛の健康を保つ
  • 胃炎の改善

トレオニンには、肝臓の代謝を促進する作用があります。肝臓に中性脂肪が蓄積してしまうと脂肪肝と呼ばれる状態になります。スレオニンには、肝臓の代謝を活性化させることによって中性脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪肝を予防する働きに期待ができます。

また、トレオニンには、胃酸の分泌を調節しバランスを整える働きがあるために、胃炎を改善する効果もあります。

さらに、トレオニンは体内でコラーゲンの原料となります。コラーゲンは肌のハリや弾力をもたらしてくれる成分なので、美肌効果にも期待ができます。

その他にも、トレオニンは、髪の毛の構成成分であるケラチンの原料にもなります。そのため、トレオニンを摂取することによって太くツヤのある髪の毛に変わっていくことに期待ができます。

副作用

トレオニンを過剰摂取すると、下痢、便秘、胃腸障害などの副作用が発現されることがあります。食事によって自然に摂取している場合には過剰になることはないといわれているので、健康食品などで摂取する場合には適正量の摂取を心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

トレオニンは、豚肉、マグロ、鶏肉などの魚介類や肉類に含まれています。植物性タンパク質に比較して動物性タンパク質に多く含まれていることがわかっているので、ベジタリアンの方はスレオニンが不足することに注意する必要があります。

製法

トレオニンは発酵法によって生成されています。ゼラチンなどを原料にして、微生物によってタンパク質を分解してアミノ酸であるトレオニンを抽出する製法がとられています。

価格・希少性

トレオニンは体内で合成することができず、全てを食品や健康食品から摂取しなければなりません。しかし、トレオニンを含んでいる食材は魚介類や肉類などスーパーなどで入手しやすい食材ばかりなので、希少性はあまり高くありません。

また、トレオニンを含有した健康食品は多く販売されているため、リーズナブルな価格で手に入れることができます。