短小 何センチから(短小のデメリットは?)

短小ということは侮蔑の言葉としてよく使われますよね。女性にフラれる時に、

「お前とのセックス全然気持ち良くなかったわ!この短小が!」なんて言われたら、数か月は立ち直れないですよね。それほど男性器の大きさというのは男性にとって重要なものなのです。

しかし、何センチまでが短小であるかということは明確に把握している人も少ないはずです。

どのくらいの大きさが短小であるのか。それを明白にしておくことで、自分の自信や改善に繋がってくるかと思います。短小であるのならば、サプリなどで大きくする。短小でないなら女性から罵倒されても自信を失わないマインドを持てるということです。

また、その短小について、「短小のデメリットは?」ということも含めて解説していきます。

短小についての大体の基準について

女性の膣の大きさを考えれば、勃起時に10センチあれば平常のセックスができるとはいわれています。

そのため、勃起時に10センチ以下のペニスであれば短小であるといえます。ペニスの増大を考えた方がいいでしょう。

マイクロペニスという病気があります。

それは一般的に短小という概念ではなく、病気として扱われるペニスのことです。それは成人だと94ミリ以下だと言われています。ただ、これは米国で調べたデータであり、日本人の基準だと勃起した時点で5センチ以下だというように定義されています。そうした人は病院での治療が必要ですので、きちんとした治療を行ってください。

一般的に思われているペニスの大きさの平均は、データを取っても医学的にメリットもないので、調査データで出たものはありません。また、個人差があるのは当たり前なので、「自分は短小なのではないか?」と悩んでいる男性も多いようですね。

短小のデメリットは?

一番大きいのはセックスの時に相手の女性を満足させられないということです。

女性の膣というのは亀頭が奥に届くほど気持ち良くなるようにできています。短小であるとそれができないようになります。

もちろん、テクニックなどでカバーできるかもしれませんが、女性の性的なテクニックというのは個人差があり、誰にも通用するテクニックというのはありません。それに比べてペニスが大きければ誰に対しても同じように快感を与えることができます。

短小であるということはセックスにおいてはやはり弱点となる確率は大きいといえますね。

それ以外の短小のデメリットは?

セックスに慣れている女性だと膣がどうしても緩くなります。締りが悪くなるのですね。

風俗嬢のように頻繁に性行為を繰り返している女性と一般的な素人女性とのセックスを比較するとわかりやすいかもしれません。そして、直ぐにセックスをさせてくれる女性というのは、セックスに慣れている女性で膣が緩くなっています。

そうした女性とセックスする。つまりは女性遊びをすることができにくくなくなってしまうのですね。

これには2つの理由があります。

1つは、単純に膣という穴が大きすぎて短小だと出し入れしてもスカスカになってしまい、男性の方も女性の方も気持ちよさを感じられないという点です。

2つは、そうした女性は女子会のエロトークで直ぐに周りに喋ってしまうので、自分が短小だということが周りに広がって女性が寄り付かなくなってしまうことです。(そういったことも実際に起こっているということです)

女性遊びを考えるならば、やはりペニスは大きければ大きいほど良いと感じる要因は多くなってくるかと思います。

男性が考えるほど女性というのは、「体の相性」について敏感になっています。

例え遊び人の女性でなくても、好きになって付き合った女性が、前の彼氏とのセックスで膣が緩くなってしまっている可能性もあります。そうなると、「体の相性が合わない」ということで、別れる原因となってしまうこともあります。

もちろん、短小の男性がデメリットと感じているかには個人差が十分にあります。

ただ、短小が原因で上記のような体験をされてしまう人もまた多いのも事実かと思います。

風俗で楽しむための短小のデメリットは?

「短小のデメリットは?」と言われてジャンル的に制限されてしまうのはソープランドなどの風俗です。

風俗嬢というのは人気な女の子ほど指名率が高く、セックスする時間も多いために膣もかなり緩くなっています。短小だと風俗での楽しみを味わうことができません。普通よりも大きなペニスであるほど、風俗を楽しむことができます。

また、あまりに短小だとヘルスなどの風俗でもどのくらいの力で手コキをしていいのかわからず、探り探りでプレイをすることになってしまいます。それだけ時間ロスとなって、お金の無駄になってしまいます。

まとめ

短小かどうかというのは、まず勃起時のペニスを定規で計ることから始まります。闇雲に短小だとコンプレックスを抱くのではなく、勃起時に10センチあるかどうかということを基準にして、明白に自分のペニスを分析することから始まります。

短小 に関する情報一覧