短小 自己矯正法(セルフでできる短小改善方法は?)

短小(粗チン)で悩んでいるなんて他人に相談するのは恥ずかしい。どうにかして、短小を自己矯正法で大きくする手段はないかと思っている人も多いと思います。

セルフでできる短小(粗チン)改善方法は?

そんなものはあるかと思う人もいるかもしれませんが、実際には存在します。短小を自己矯正法で改善することは可能です。

器具によるトレーニングでの短小治療手段の増大法

空気圧もしくは水圧を使ってペニスを引っ張るトレーニング器具であるポンプを使う方法があります。バキューム法とも呼ばれています。長さと太さの両方に効果があります。

器具は様々ありますが、今は傷がつきにくい水圧式のポンプが主流です。原理は簡単で水圧を使って引っ張って伸ばして太くするだけです。様々な商品が販売されているので、試してみてください。1日10分程度行えば効果が出てきます。

また、牽引器具というものもあります。

これは牽引器具を付けているだけで効果が出るので気楽にできます。牽引器具は丸いバンドのようなもので、牽引器具を亀頭の引っ掻ける角のある部分に1日8時間程度装着しておくだけで短小の治療手段となります。ただ付けているだけの短小自己矯正法ですので、おすすめです。

仕事をしている時などは動いているので取れる可能性がありますが、昼間はトイレなどで付け替えができます。しかし、寝る時も人間は寝返りを打たないといけないシステムになっていますので、そこで取れる可能性もあります。昼でも夜でもどちらに使うかは個人の体質によって決めるのが良いですね。

どちらも通販サイトのアマゾンで売っていますので、まずお手軽に買うこともできますが、専門的に分析した器具を使った方が、効果が高いことが多いです。

短小治療手段としてサプリメントを使う

気をつけなければいけないのは闇雲にサプリメントを使うのではなく、きちんと成分を確認するということです。短小の治療手段として効果があるのは、「男性ホルモンを作る成分」と「血流を良くする成分」です。

男性ホルモンが強くなればペニス自身が大きくなります。血流が良くなれば勃起しやすくなりペニスのトレーニングとなりますし、ペニスに栄養素を送りやすくなります。また、精力剤はそれだけ性欲を高めますので、オナニーやセックスの頻度が増えてペニスを増大させる効果があります。

具体的には以下の成分が重要です。成分表をしっかり見て、これらがあるか確かめてください。

◇「亜鉛」

亜鉛はAV男優が必ず服用していると言われているサプリメントですね。精液の量を増やす効果があると評判です。精液を出せば、それだけペニスが大きくなり、短小を自己矯正法となります。

「亜鉛」の効果・効能・副作用について

◇「アルギニン」

成長ホルモンの1つで、若い人ほどペニスも一緒に成長させる効果が強くなります。

「アルギニン」の効果・効能・副作用について

◇「シトルリン」

血流を良くして栄養素を体全体に行き渡りやすくします。筋肉をつけるのに有効と注目されており、ペニスにも筋肉はありますので、それを増大する効果が期待できます。

「シトルリン」の効果・効能・副作用について

◇マカ

天然素材の精力剤ですね。薬局でも気軽に販売されています。直接的に短小自己矯正法とはなりませんが、セックスパートナーがいる場合、活動的になり、精子を吐き出しては製造を繰り返し、結果的にペニスが大きくなります。

「マカ」の効果・効能・副作用について

◇クラチャイダム

マカの3倍の効果があると言われる精力剤です。短小自己矯正法の原理としてはマカと同じです。

「クラチャイダム」の効果・効能・副作用について

◇トンカットアリ

精力剤的効果と活動的になるエネルギーを得られる天然成分です。

「トンカットアリ」の効果・効能・副作用について

◇ランペップ

活力剤に近い精力剤です。

◇オキソアミヂン

中年男性に特に効果があると言われている精力剤です。

「オキソアミヂン」の効果・効能・副作用について

◇ピクノジェノール

高齢者の精力減退に特に効果があると宣伝されていることが多い精力剤です。

などです。サプリメントに入っている成分1つ1つをネットで調べてきちんと理解して使用することが大切です。意識して使うことによって効果も違ってきます。

ただ、サプリメントはあくまでも短小自己矯正法の補助成分です。精力剤成分があるサプリメントを使ってもセックスやオナニーをしなければ意味がありませんし、ペニスを成長させるサプリメントでも器具によるトレーニングと合わせて使った方がより効果的です。

使い方を間違わないことが大切です。

まとめ

短小自己矯正法は日々のトレーニングと適切な栄養素によって行うことができます。

どちらもお手軽にできるものですので、是非ともまず自分で短小を治したいという人はこうした手段を使うことをおすすめします。適切な行動によって、適切な効果を出すことができます。

器具によるトレーニングでは、口コミなども豊富ですので、色々と調べて自分に合ったものを選ぶことが大切です。よくペニスが傷ついたなどの苦情が載せられていることもありますが、水圧式のポンプならばその可能性は低いですし、牽引器具は確実に日々効果が出てくるお手軽なものです。短小自己矯正法はお手軽なものが多いので、手を付けるには良い方法です。

治療や手術など行う場合は、噂や情報だけでなくできる限り専門家や医師などに相談するようにしてください。

短小 に関する情報一覧