短小 遺伝(短小の原因は?遺伝?それとも病気?)

短小になるのには原因があるはずです。原因がなければ皆が同じサイズのペニスとなっており、ペニスの大きさで悩む男性などいないはずです。

短小の原因はなんでしょうか?

一番に考えられるのは遺伝ですよね。

実際にハゲや病気などは遺伝で決まりやすいと言われています。実際に人間の設計図を作っているのは遺伝です。背の高さや顔つきなどを決めていますよね。そうした可能性は大きくありますが、成人して父親と自分のペニスを見比べる人などなかなかいないのでデータとして断言できることはできません。

また、他にも色々な要素があります。

それについて解説していきたいと思います。

短小の原因は?遺伝?病気?

短小の原因は幾つかあります。決して1つの原因であるとは限りません。それについて1つ1つ見ていきます。

◇遺伝で短小になる

これは確実に影響があるものです。ただ、遺伝はあくまでも基礎を作るだけですので、スタート地点を決めるものです。その後の環境で大きく変わってくる傾向があります。

しかし、セックスやオナニーの頻度が少なく、ペニスに対してアプローチが少ないと遺伝の影響は大きなものとなります。

ペニスの大きさを決める男性ホルモンの分泌量も遺伝によって決まってきます。男性ホルモンを分泌しにくい遺伝を受け継いでしまうとどうしても短小になりがちと言われています。

また、ペニスの形なども遺伝による影響が大きいです。

◇病気で短小になっている可能性も?

マイクロペニスという病気があります。男性ホルモンの分泌量が少ない影響で、短小になってしまう病気です。

勃起時に5センチ未満のペニスだとマイクロペニスです。特別に珍しい病気というわけではなく、成人男性の約0.6パーセントを占めている誰にでもかかる可能性がある病気です。

特別な人だけがかかる病気というわけではありません。200人に1人はかかる病気なのです。そのため、病気である可能性も考える必要があります。

病院での治療によって解決するので、直ぐに病院に行くことをおすすめします。

◇包茎でペニスの成長が妨げられる

包茎の場合、ペニスの成長が皮で差し止められて成長が送れることがあります。そうなると短小になってしまいます。特に真性包茎であると、ペニスを大きくしようとする成長を押し返してしまいます。

また、皮オナニーをすると包茎になりやすいので、オナニーの仕方も考えた方がいいでしょう。

これについてはデータがあります。

仮性包茎も含めた包茎である日本人男性は7割あると言われています。これは普通に生きているとどの人種でも大体そのくらいになる数字であり、日本人が特別に包茎の多い人種というわけではありません。

ただ、欧米や特にアメリカなどではキリスト教の文化があります。キリスト教の儀式で割礼というものがあります。オナニーを禁じるという意味で、生まれたばかりの赤ちゃんのペニスの皮を切除する儀式です。それで死亡する赤ちゃんもいるので、それが正しいとはいえませんが、つまり欧米人に包茎はいないのです。

それが日本人よりもアメリカ人のペニスが大きい原因であるといわれています。体格や性文化の問題もありますが、やはり生まれた時に包茎がいなくなるという点は大きいようですね。

◇オナニーやセックスをあまりしない

ペニスというのは精子を発散することによって大きくなります。そのため、ペニスをあまり使わないようになると短小の原因となります。

 

如何でしょうか?

色々な原因があります。それに合わせた対策が必要なのです。

原因を知ることは対策を知れるということです。

遺伝で短小でもその後の改善策はある

元々子どもの頃から短小で確実に遺伝子によって短小であると思われる場合、それで全てが決まるわけではありません。遺伝はあくまでも設計図であり、環境によって短小でないペニスにすることもできます。

遺伝によって短小である場合は、器具を使ったトレーニングをしたり、サプリメントを使ってペニスを大きくしたり、整形手術によって大きくするなどの様々な方法があります。

また、単純な方法ですが、毎日ペニスを引っ張ってオナニーをするという方法が効果的です。ペニスは引っ張って伸ばすだけで単純に大きくなります。オナニーによって勃起することで、ペニスの筋肉がつき、大きくすることもできます。

遺伝で短小は仕方ない。そんなことはありません。その後の改善方法は幾らでもあります。遺伝で短小である場合でもその後の改善をすることによって、短小でなくなることができるのです。

まとめ

短小の原因は多種多様あります。ただ、病気であれば治療によって治すことができますし、遺伝でもそれから短小でない大きさのペニスにすることもできます。

遺伝だからといって、諦めないということが必要になってきます。是非、自分の短小の原因を見つけ、それに合わせた対策方法で解決してみてください。そうすれば、短小は絶対に治せます。短小に悩むこともなくなるのです。

治療や手術など行う場合は、噂や情報だけでなくできる限り専門家や医師などに相談するようにしてください。

短小 に関する情報一覧