短小 治療手段(治療の手段としてどんな方法があるのか?)

短小の治療手段としてどんな方法があるのか?

それは幾つかあり、主に3つに分けられます。短小は治療手段のあるものです。

その治療手段は、

  • 「整形手術」
  • 「包茎手術」
  • 「ED治療薬による投薬治療」

の3つです。

しかし、その中でも色々な治療手段の方法があります。自分の経済状況や環境に合わせてどれがいいのか自分で選んでみてください。

それら3つの短小の理治療手段について紹介していきたいと思います。

「整形手術」によるペニス増大方法

短小の治療手段として最も手っ取り早いのが整形手術によってペニスを増大させるものです。

その方法は多様にありますが、今回は「無切開固定法」「靭帯剥離法」「注入法」「下腹部脂肪吸引法」の4つについて取り上げていきます。

整形手術はお金もかかりますし、腫れが引くまでにも時間がかかります。自分に合った納得いく方法によって手術をすることが大切です。

◇切らなくてペニスを長くする無切開固定法

無切開固定法とは奥に埋もれているペニスに対して、糸を使って引っ張り出すという方法です。2センチから8センチのペニスを長くする効果があります。

傷ができず、費用も20万円以下と安いため比較的お手軽にできます。腫れが引くのも短いです。

ただ、何らかの影響で糸が切れて施術効果が無くなるというケースもあるというデメリットもあります。お手軽な分、リスクはあるという治療手段ですね。

◇靭帯剥離法

靭帯剥離法は、ペニスと恥骨をくっつけている靭帯を切って、埋もれているペニスを出す治療手段です。

無切開固定法より効果は確実ですが、無切開固定法よりも手術値段が高いです。30万円はかかります。

◇注入法について

ペニスにヒアルロン酸や自分の脂肪を注入する方法です。総合的な陰茎増大術で短小に大きく効果があります。長さに対する効果は薄いですが、太く大きくする効果が高いです。この治療手段はペニスだけではなく、亀頭を大きくすることもできます。値段は40万円程度です。

◇下腹部脂肪吸引法

下腹部の脂肪を吸引してペニスを大きく見せるものです。

ガリガリな人にはあまり効果がありませんが、肥満体型の人に効果があるのが下腹部脂肪吸引法です。下腹部にも脂肪はあり、ペニスはそれに埋もれています。その脂肪を吸い取って、本来の大きさに見せるというものですね。短小の治療手段としては最適です。

麻酔をかけるので痛みはありませんが、下腹部を8ミリ程度切るので傷跡は残ります。そこにカニューレという管を使って脂肪吸引をするのです。

ペニスが長くなって短小の治療手段として最適ですが、脂肪吸引ですので太ると元に戻ってしまうというデメリットもあります。暴飲暴食は控えなければ元に戻ってしまいますので、自己管理ができない人にはおすすめできません。

 

如何でしたでしょうか?

整形手術といっても様々な方法があります。自分のペニスに合った短小の治療手段を選んでください。

包茎手術

包茎によってペニスの成長が阻害されているケースもあります。仮性包茎の場合ならばその可能性は低いですが、真性包茎の場合で短小だと包茎手術を行い、それから規則正しい食事療法を行うことによって短小の治療手段とすることができます。

また、整形手術を行うにあたってもペニスを長くしたり太くしたりしても真性包茎の皮が無理に押し出される形になるので危険です。整形手術をしてもらえないことの方が多いでしょう。

真性包茎で短小の場合はまずは包茎手術を行いましょう。包茎手術はクリニックで行うと40万円前後です。ですが、真性包茎は病気と見られて保険も効く病院もあります。

泌尿科などで保険を使えばかなり安く手術することができます。ただ、保険が適応できるかどうかは病院によって違いますので、予め問い合わせをしましょう。

ED治療薬による投薬治療

今のところ短小を治すペニス増大の作用がある薬というのは発見されていません。

しかし、ED治療薬は短小の治療手段として有効性がある投薬治療ができると言われています。それは何故かというと、ペニスの勃起力が上がることによって勃起時のペニスが大きくなるという原理です。

性欲が弱い人や中折れをするというような人には勃起する力が増えることによって普段よりも大きく見えます。また、セックスに失敗するなどトラウマがある人はセックスに意欲的になります。

ペニスというのは精子を多く出せばもっと精子を作ろうと大きくなるので、そうした意味で短小の治療手段となり、ペニスを大きくする効果があると言えるのです。

性欲が薄いという人には例えEDでなくても使ってペニス増大の効果があります。

まとめ

短小の治療手段は多種多様にありますが、整形手術をする余裕がある人は整形手術や包茎手術をしてペニスを増大させ、整形手術に抵抗がある人は投薬治療を使ってじっくり効果を出すのがいいかと思います。

短小は治療できます。

諦めないで紹介した治療手段を色々と試してみてください。そうすれば結果が出ます。

治療や手術など行う場合は、噂や情報だけでなくできる限り専門家や医師などに相談するようにしてください。

短小 に関する情報一覧