早漏手術は怖くない?手術の方法とおすすめの病院選び

早漏をなおす最後の手段が早漏手術。これを考える人は、相当悩んだ結果です。

お金は段取りができたとしても、手術はどのようなことをするのかわからないことだらけ。

早漏手術をする病院もたくさんあります。費用もバラバラで高いところが安心できるのか、どこがいいのか不明です。

手術で失敗して使い物にならないか不安でしょう。そんなあなたに手術方法や病院選びについてご紹介します。

早漏は手術で治るのか?

手術で早漏が治るかどうかは個人差があります。

えっそうなのと思うでしょう。でも冷静に考えてください。早漏は神経系の障害であって外科手術でなんとかなるものではありません。

だったら手術する意味がない!そう思うでしょう。確実に早漏が治らないのならやめたほうがいい。そのような意見もあるのは事実です。

手術で効果があらわれない。失敗するリスクを考えるとやらないほうがいいと思いますね。

早漏手術はあくまで改善効果が期待される間接的なものでしかない。だから、手術の内容とリスクはきちんと理解してからです。

早漏手術は何があるのか?どんなことするのか?

早漏手術が間接的なものですが、その方法にも種類があります。どのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

包茎の人は包茎手術

包茎の種類に過敏性(かびんせい)とか包茎性(ほうけいせい)といって、亀頭が刺激に弱く射精コントロールできないタイプがあります。

このタイプになる人は、亀頭に皮がかむっている仮性包茎や真性包茎の人が多くいます。

普段から亀頭が露出して空気にさらされていたら亀頭の表面は刺激に強くなりますが、亀頭が皮で保護されているので刺激に弱いのです。

それを改善するのが包茎手術です。

ペニスの余分にある皮を根本で引っ張ってとめるか、切ってしまうかです。

やり方はさまざまなものがありますが、平常時の亀頭に皮がかむっていないようにします。

メジャーな手術は皮をメスかレーザーで切ることになります。

包茎でない人は亀頭増大手術

ペニスがズルムケで早漏の人は、亀頭増大手術になります。

これは手術といってもメスを使うのではなく、注射器を使って亀頭のカリ部分に薬物を均等に注入していきます。

薬物はヒアルロン酸やアクアミドなどのフィラー剤です。

ヒアルロン酸は聞いたことがあると思いますが、これは体に浸透しないので、数カ月したら亀頭の大きさは元に戻ります。

増大効果を維持しようと思ったら、定期的に注入が必要です。

アクアミドは亀頭にそのまま残るものです。

だったら、アクアミドのほうがいいとなりますが、一点問題があります。

アクアミドのように吸収されない薬剤は、均等に入れても亀頭内部で移動することがあります。そうなったら亀頭が歪(いびつ)なかたちになってしまうのです。

このようなことになったら薬剤を取り除く手術が必要です。

どれだけの人がこうなるかわかりませんが、早漏に効果があるかどうかわからないのに、やる価値はないと考えます。

専門にしているクリニックでは進めてきます。結果的にどうなるかわからないので、吸収しない薬剤はおすすめしません。

包茎の人が包茎手術をするときにあわせて亀頭増大手術もセットでしませんかと医師から提案はありますが、ひとつずつの確認でいいと思います。

包茎手術で早漏が治ったら増大手術をする必要はない。

ペニスの大きさにコンプレックスがある人からすれば、一緒にして効果をだしたいと思いますが、ひとつずつやって効果を見た方がいいでしょう。

費用はいくらするのか?

とても気になることとして費用がありますね。これはクリニックによってかなり違います。

包茎手術

包茎手術はさまざまな手法があります。

環状切開術・背面切開術・亀頭直下埋没法・根部感情切開術などがあります。

むかしは、亀頭の裏にあるスジを切って感度が下がって遅漏になったということもありましたが、いまでは裏スジを残す方法にVカットするなどもあります。

約100,000円から300,000円かかると思ってください。

仮性包茎の人で包茎手術をしないで、亀頭増大手術で亀頭を大きくして皮をミゾで止めるようにする人もいます。

亀頭増大手術

亀頭増大手術は、注入量と薬剤によって料金が変わります。

・ヒアルロン酸1ccは50,000円から150,000円
・アクアミド1ccは100,000円から200,000円

【病院選びのポイント】
おすすめの病院やクリニックを紹介したいのですが、こればかりはわかりません。

あなたが信頼できる。手術の仕方・費用・サポートなどで納得できるところを選ぶのがいいでしょう。

どこのクリニックも安心安全、いままでの手術症例何千人とか何万人とか掲載していますが、他人のことなんかどうでもいいですね。

自分がしたときにどうかということです。ただ、これはやった後でないと結果はわかりません。運悪く失敗のひとりになることもあります。

無料相談をしているクリニックはたくさんあるので、まずは相談してみてチェックすることからはじめてください。

無料相談のときに実績・費用・リスク・サポートについてよく聞いて、それに真摯に対応してくれるところを選ぶことです。

あと、執刀医は経験がある人なのかもチェックしてください。クリニックとしては十分な実績であっても、あなたの担当が新米ということもあります。

クリニック側は新人にも経験をさせる機会を実践であたえますが、自分のときはそのような新人はやめて欲しいですね。

早漏効果はでないかもしれませんが、失敗するリスクはゼロに近いようにしたいですね。

まとめ

早漏手術は包茎手術と亀頭増大手術の2つです。信頼できるクリニックを選びからしてください。

早漏 改善 に関する情報一覧