早漏かも?早漏かどうかチェック(判断)する方法。

早漏ってそんなに悪いことか?パートナーが満足できたらいいではないかと思いますね。

わかります。でも相手の満足はどのように知るつもりですか?「満足しましたか」「はい」とはいかないのでは?聞いたところで本音はわからないです。

言えることは、将来早漏がきっかけでうまくいかないこともあります。

あなたがどの早漏なのかチェックする方法をご紹介します。

早漏かどうかチェックして判断しよう

早漏の人といってもさまざまな種類があります。この種類に該当しない生まれつきの人もいます。いずれにせよ、医師に相談してください。

どのような早漏になっているのかチェックしていきましょう。

心因性(しんいんせい)

こころではまだ頑張るぞと言っているが、興奮してからだの反応が一致しないで射精してしまう

このタイプはAVをみながらオナニーをしているときは、タイミングをはかって発射できます。

過敏性(かびんせい)

性交渉でペニスが敏感に反応してしまって射精してしまう。

このタイプは、オナニーのときにもタイミングがはかれないで発射します。とくにペニスが包茎の人が多いと言われています。包茎は亀頭が刺激に弱く敏感になっているのです。

包茎性(ほうけいせい)と呼ぶこともあります。

衰弱性(すいじゅくせい)

EDと早漏がセットになっている状況です。性的興奮はするがペニスがいうことはきかなくなっている。自分の意思でペニスが勃起してくれない感じです。

硬くなっていない半立ちのようにすぐになってうまく挿入できない。挿入してもED気味な状態が気になり射精コントロールができなく発射します。

加齢性(かれいせい)

加齢によりからだ全体の機能が衰えますが、ペニスの射精に関係する筋肉も同じように劣化しているのです。

射精するタイミングと射精が一致しないでずれて漏れるような感じで射精する。

器質性(きしつせい)

ペニスに問題がある。とくに尿道に関する病気です。

尿道炎や前立腺、頻尿などがあります。普段は早漏ではないが、病気で早漏になっていることもあります。

早漏ってそんなにいけないことか?

早漏の反対に遅漏というのがあります。これは、挿入しても長時間射精できないタイプです。

パートナーからすると「アソコが痛い。いい加減にして!」になります。女性は遅漏より早漏のほうがまだましという意見もありますが、それは人によります。

パートナーが満足していたら問題ない?

早漏がいけないことかどうかは、あなたとパートナーの意見が一致しているかで決まります。

あなたが早打ちでも問題ない「アースッキリ」とおもっていても、パートナーにフラストレーションがあれば問題です。

これから長くおつきあいすることはできないもね。

女性がネット掲示板などにアップしている意見を見ると、性交渉で満足している人は少ないです。これは男性側に原因が多くあります。

一番の原因は自己中心的な性交渉になっています。これは女性がオーガズムを感じるところまでできていないことになります。

つまり、早漏も原因になるのです。

早漏がいい悪いではなく、改善したほうがパートナーとの関係は良好になります。

どうなったら早漏なのか

早漏は挿入時間が60秒以内か、挿入前に誤爆してしまう人です。

普段はそんなことはない。たまたま、飲酒しすぎたからとか睡眠不足で疲れていたから射精してしまったと言う方は早漏ではありません。

これはパートナーに言えませんが、別の女性になったら普通にできる。パートナーになったら早漏になってしまう人もいます。これは性の相性があっていないかもしれません。

過去半年以上の性交渉で60秒以内だったら早漏と考えていいでしょう。

早漏判断より薬でなんとかできる?

早漏の治療薬は、クリニックで処方されるものはありますが、ドラッグや近くの薬局で販売しているものはありません。

海外では認可されている治療薬はあります。ただ、ネットの輸入代行サイトで販売しているものはとても危険です。

これは早漏治療薬ではなくED治療薬での統計ですが、ネットの治療薬約50%はニセモノで、それが国内に出回っています。

成分がそもそも全く関係のないものが含まれている・一部覚せい剤・口にしてはいけない劇薬・成分が多すぎるなどがあり、健康被害にあっている人もいます。

最悪命にかかわることもあります。

国内の処方薬であれば医薬品副作用被害救済制度といって、何か健康被害にあったときに保証してくれますが、個人輸入は自己責任です。

ネットの輸入サイトは安く簡単に手に入りますが、それで健康被害にあうようなことになれば何をしているのか意味がなくなります。

とくに早漏治療薬は脳内の神経系のコントロールする働きがあり、うつ病に使ったりするものです。どのようなことがあなたのからだにあるかわかりません。絶対NG!

まとめ

早漏判断をするチェックには5つあります。条件に入るものがあれば早漏かもしれません。治療薬はネットで探すのではなく、医師に相談してください。

早漏 改善 に関する情報一覧