「ソフォン」の効果・効能・副作用

ソフォン

ソフォンは、タイのメコン川に生息するマメ科の植物です。別名「ガウカルア」と呼ばれており、原住民からは滋養強壮の効果が高いとして古くから親しまれてきました。

最近では研究が進み、様々な健康的効果を有する有効成分を含まれていることがわかっています。特に精力を高める作用が強いとされており、現在、勃起不全治療薬として用いられているバイアグラと同じ作用を示すことがわかっています。

効果・効能

  • 勃起不全の改善
  • 疲労回復

ソフォンには、デヒドロエピアンドロステロンという成分が含まれています。この成分は、男性ホルモンの原料となるために、不足することによって性欲や勃起力が落ちてしまいます。

デヒドロエピアンドロステロンは、体内で生成されますが、加齢によって生成量が落ちていくことがわかっており、20代をピークに60代ではおよそ10%にまでなってしまうとされています。

また、デヒドロエピアンドロステロンは男性ホルモンだけではなく、女性の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンの原料となっています。性ホルモンは元気の源となっているので、これらは増加することによって疲労回復効果にも期待ができます。

体内でcGMPという物質が分泌されることによって勃起がおこり、時間が経つとPDE-5という酵素が働くことによって勃起がおさまります。

勃起不全の方は、PDE-5がずっと活性化されているために勃起が起こりにくくなっています。ソフォンは、このPDE-5を阻害する働きがあるために、長い時間勃起状態を継続させることが可能になります。

副作用

現在、ソフォンの副作用は報告されていませんので、安心して使用することができます。

それぞれの健康食品の適正量を守り使用しましょう。

よく含まれている代表的な食材

ソフォンはマメ科の天然ハーブです。食事からは摂取することができないので、健康食品を使用する必要があります。

製法

ソフォンを乾燥させて有効成分を抽出するといった製法がとられています。

価格・希少性

ソフォンはメコン川流域で入手することが可能ですが、希少性が高くタイでは高い値段で売買されています。タイ市場で入手することも可能なのですが、日本では多くの健康食品が販売されています。

日本とタイの物価の違いから、日本ではソフォンを含んだ健康食品をリーズナブルに価格で入手することが可能になっています。