「ポリフェノール」の効果・効能・副作用

ポリフェノール

ポリフェノールとは、植物に存在している色素や苦みの成分であり、抗酸化作用を有していることから健康効果があるとして注目されています。

ビタミンEやビタミンCと同じく強い抗酸化作用があり、水溶性の性質を持っており、短時間で作用を示します。しかし、効果は長時間持続しないという特徴があるためにこまめに摂取する必要があります。

効果・効能

  • アンチエイジング効果
  • 生活習慣病の予防
  • アレルギー症状の改善
  • 脳の活性化

ポリフェノールは、血管を拡張する働きと悪玉コレステロールを下げる働きがあることがわかっています。そのため、血管を拡張して血圧を下げたり、悪玉コレステロールを下げてしなやかで柔軟性のある血管を作ったりと高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病を予防します。その結果、動脈硬化や心筋梗塞などの血管疾患の予防に期待ができます。

また、ポリフェノールには体内に異物が入ってきたときに産生される抗体を抑える作用があり、ヒスタミンの遊離を防ぐことによってアレルギー症状を抑えることができます。

さらに、抗酸化作用を有しているので、アンチエイジング効果に期待ができます。これは、ソバカス、シミの原因となる紫外線により生成される活性酸素を除去、メラニンの生成を抑制することによって、ソバカスやシミのないキレイで透き通る肌を手に入れることができます。

副作用

ポリフェノールによる副作用はあまり心配がありません。しかし、ポリフェノールを摂取する際に、カフェインを過剰摂取してしまう可能性があるので注意が必要です。ポリフェノールの健康効果よりもカフェインによる不眠などの弊害が大きくなってしまうことがあります。

よく含まれている代表的な食材

ポリフェノールは、ブルーベリー、ブドウ、赤ワイン、カシス、紅茶、緑茶、チョコレート、ココア、玉ねぎ、コーヒーなどの食材に多く含まれています。どれもスーパーなどで購入できる食材であるために非常に身近な成分であるといえます。

製法

ポリフェノールの製法は様々な製法が開発されています。原料を乾燥させて粉末化させたものから有効成分を抽出する製法や一瞬で乾燥させ、これまで乾燥のためにかかっていた加熱する時間を短縮させたターボドライ製法などがあります。

価格・希少性

身近な食材から摂取することができるために希少性が高いものとはいえません。また、ポリフェノールを含んだ健康食品も多数販売されているために手頃な価格で手に入れることができます。