「フェニルアラニン」の効果・効能・副作用

フェニルアラニン

フェニルアラニンは体内では作り出すことができず、食事から摂取することが必要な必須アミノ酸に分類されます。フェニルアラニンを摂取すると、肝臓でチロシンという成分になり、この成分がドパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質に変換されて効果を示します。

効果・効能

  • うつ症状の緩和
  • 脳機能を高める
  • 鎮痛効果

フェニルアラニンは体内でドパミンとノルアドレナリンに変換されて神経伝達物質としての働きを示します。ドパミンとノルアドレナリンは脳内麻薬に代表される成分であり、快楽的な気分をもたらしてくれます。

これらの成分には、無気力状態の改善、気分の落ち込みを緩和、精神状態を高揚させる作用があり、うつ症状の緩和に効果があるとされています。

実際にうつ病患者では、これらの物質が脳内でうまく作用していないことがわかっています。記憶力を高める作用も有しているため、脳機能の向上に効果が期待できます。

また、フェニルアラニンには痛みを抑える効果もあります。医療現場では、鎮痛剤として用いられています。片頭痛、関節リウマチ、神経痛などの痛みを軽減してくれる働きがあります。

モルヒネと似た働きをする脳内であるエンドルフィンを産生、活性化させるため強い痛みにも効果があり、モルヒネと比べ中毒性や習慣性がないので長期間に渡り治療が必要な疾患に対して安心して使用することができます。

副作用

フェニルアラニンには、副作用の心配がありません。適正量の摂取を心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

フェニルアラニンは小麦、卵、チーズ、大豆、アーモンド、カボチャ、ゴマ、ジャガイモ、落花生、高野豆腐、魚介類、肉類など様々な食品に含まれています。日常的に口にしているものに多く含まれているといえます。

製法

フェニルアラニンはアミノ酸であるために発酵法を用いて生産されています。発酵法とは、原料であるタンパク質を微生物によって分解させてアミノ酸を抽出する製法です。

価格・希少性

フェニルアラニンは日常的に食べている食材に多く含まれているために、希少性が高いものとはいえません。スーパーなどで販売されている食材に多く含まれていることから身近な存在であることがいえます。

また、フェニルアラニンを含んでいる健康食品も多く販売されているため、リーズナブルな価格で入手することできます。