「ムイラプアマ」の効果・効能・副作用

ムイラプアマ

ムイラプアマは、ブラジルやアマゾン熱帯雨林に生息しているボロボロノキ科に属している高さ5mほどの低木です。ムイラプアマは葉から根まで全てを利用することができるために、無駄な部分が一切ないという特徴を持っています。

また、精力増進効果を持っているために古くから原住民族に重宝されてきました。現在では、ヨーロッパやアメリカでハーブとして幅広く用いられています。

効果・効能

  • 勃起力の向上
  • 性欲の増進
  • 血流促進

ムイラプアマは、どのような作用機序で効果を発現しているのか詳細はまだ明らかになっておらず、謎の多い成分です。しかし、近年では様々な研究によって精力増進の作用があることが報告されています。

ムイラプアマには、クマリンという成分が含まれていることがわかっています。クマリンは抗酸化作用を有するポリフェノールの一種で、体をサビから守ったり、血流量を良くする効果があります。

血流量が良くなると体全体に栄養素や酸素が行き渡るようになります。ペニスへの血流量が増加することによって、勃起力の向上に期待ができます。

また、カップルを対象とした実験では、ムイラプアマを摂取することによって、およそ66%のカップルにセックス頻度の増加、およそ70%の男性に性的衝動の増加が確認されたとのデータが存在しています。そのため、性欲を高める効果があることがわかっています。

副作用

まだ、未知の部分が多い成分であるために副作用の報告はありません。しかし、過剰摂取により副作用が発現することは否定できないでの、製品ごとの上限量をしっかりと守って適正量の摂取を心がけましょう。

また、血液をサラサラにする成分を含んでいるため、心疾患や脳血管疾患で血液凝固薬を服用中の方は医師や薬剤師に相談しましょう。

よく含まれている代表的な食材

ムイラプアマは食事から摂取することができないために、健康食品などから摂取する必要があります。

製法

ムイラプアマを採取して、乾燥させて粉末化させたものから有効成分を抽出する製法がとられています。栄養ドリンクやパウダーとして製品化されているものが多いです。また、樹皮や根からはお茶として摂取する方法もあります。

価格・希少性

ムイラプアマはむやみに大量に採取されているため、数が減少しています。そのため、希少性が高くなっており、ムイラプアマを含んだ健康食品やサプリメントは価格が上がっている傾向にあります。