「ミネラル」の効果・効能・副作用

ミネラル

ミネラルとは、ヒトが生きていく上で欠かせない重要な成分の一つであり、脂質、タンパク質、ビタミン、炭水化物と並ぶ五大栄養素です。

ヒトは、脂質、タンパク質、ビタミン、炭水化物でおよそ96%が構成されており、残りの4%がミネラルで構成されています。微量ではありますが、ヒトの体内ではミネラルを合成することができず、食事や健康食品として摂取する必要があるために、ミネラルが不足すると様々な弊害が現われます。

効果・効能

  • 生命維持
  • 疲労感、倦怠感の低減
  • 骨や歯を丈夫にする

ミネラルであるカリウムとナトリウムは細胞の水分濃度を調節する役割を担っています。細胞の水分濃度に異常が起こると、ヒトの体内にあるおよそ60兆個の細胞が正常に働かなくなってしまい、むくみや高血圧を生じやすくなります。

また、ミネラルであるマグネシウム、カルシウム、リンには骨や歯を形成しています。そのため、これらが不足してしまうと骨折しやすくなったり、歯がボロボロになりやすくなったりします。骨や歯が丈夫になることは、ヒトが長生きするために重要な意味を持っています。

その他にも、体温調節、老化防止、生活習慣病の予防、筋肉や神経を正常に保つ、精神を安定させる、骨粗しょう症の予防など様々な効果があるため、ヒトにとって非常に重要な成分であるといえます。

副作用

ミネラルの過剰摂取による副作用は複数報告されています。症状としては、不足した時と同じ症状が現われることがあるので、上限量をしっかりと守って適正量の摂取を心がける必要があります。

よく含まれている代表的な食材

ミネラルは、醤油、食塩、牛乳、肉類、豆類、魚介類、いも、果物、緑黄色野菜など様々な食品に複数のミネラルが含まれているので、多くの食品をバランス良く摂取することが重要になります。

製法

原料を採取して、加熱殺菌、紫外線殺菌、オゾン殺菌などをおこなってから、有効成分を抽出する製法がとられています。

価格・希少性

日常的に口にする食材から摂取することができるので、希少性が高いものとはいえません。ミネラルを含む食材はスーパーなどで購入することができるものばかりなので、比較的手頃な価格で摂取することができます。

また、複数のミネラルを配合したマルチミネラルも健康食品やサプリメントとして製品化されているので、リーズナブルな価格で入手することできます。