「ロイシン」の効果・効能・副作用

ロイシン

ロイシンは、人の体内では作り出すことができず、食事から摂取する必要のある必須アミノ酸に分類されます。バリン、イソロイシンと共にBCAA(分岐鎖アミノ酸)は筋肉を合成する働きをしているためウエイトトレーニングをしている方やアスリートには欠かせない成分です。

効果・効能

  • 筋力アップ
  • 肝機能向上
  • 育毛効果
  • ストレス緩和

BCAAは筋肉を構成成分であるタンパク質の主な成分となります。その中でもロイシンは筋肉の合成を促進して、筋力を維持する働きをします。また、インスリンの分泌促進作用も有しているため、筋細胞にブドウ糖を取り込むのを補助する働きを示します。

インスリンの分泌が促進されることによって運動時の瞬発力やスタミナを高めたり、運動後の疲労した筋肉を修復、成長させて運動前よりも強化させる効果があります。

また、肝機能を向上させる作用も有しています。肝臓はアルコールやアンモニアなど体にとって有害な成分を分解する器官であるため、肝機能が低下してしまうと全身の倦怠感を生じたり、疲れやすくなってしまいます。ロイシンを摂取することによって、疲労回復効果が高まるとされています。

その他にも、髪の毛はタンパク質で構成されているため、タンパク質の主要成分であるロイシンを摂取することで発毛効果もあるといわれています。

副作用

ロイシンを過剰摂取すると、吐き気や悪心などの症状が現われることがあります。適正量の摂取を心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

ロイシンは、牛肉、鶏肉、豚肉、牛乳、魚、チーズなどに含まれています。動物性タンパク質に多く含まれている傾向があります。様々な食品に含まれているため、通常の食事をしていればほとんど不足することはありません。

製法

ロイシンはアミノ酸であるため、工業的に大量生産できる発酵法が用いられています。発酵法とは、原料であるタンパク質を微生物によって分解してアミノ酸を抽出する製法です。

価格・希少性

ロイシンは、スーパーなどで購入することができる様々な食品に含まれているため、希少性は低いといえます。食事から摂取することができるため、特別な費用をかけずに摂取することが可能です。

また、バリン、ロイシン、イソロイシンを含有した健康食品やサプリメントが数多く販売されているため、リーズナブルな価格で手に入れることができます。