「高麗人参」の効果・効能・副作用

高麗人参

高麗人参は、中国を原産とするオタネニンジンというウコギ科の植物の根の部分を乾燥させたものです。2000年以上前の中国の書物に高麗人参についての記載があり、秦の始皇帝も飲用されていたといわれるほどの古くからの歴史があります。今では、東洋医学の代表的な生薬として世界中で知られています。

効果・効能

  • 生活習慣病の予防
  • 血行促進
  • 疲労回復
  • 更年期障害の改善

高麗人参には、亜鉛、アミノ酸、カルシウム、など100種類近くの栄養素を含んでいますが、その中でもサポニンと呼ばれる成分が健康効果の源となっています。

サポニンの効果として疲労を回復させる働きがあります。その他にも、ビタミンやミネラルが含有されているため、これらが相互的に作用し疲労回復を示すとされています。

また、高麗人参には生活習慣病の予防する働きもあります。血液中の悪玉コレステロールと中性脂肪を分解し排泄して、善玉コレステロールを増やすという作用を有しているため、生活習慣病を防いでくれる効果に期待ができます。

さらに、更年期障害の改善する働きがあることも知られています。

更年期障害は閉経によってホルモンバランスが乱れることによってめまいや動悸などの身体症状やイライラや鬱などの精神症状を引き起こします。サポニンには、自律神経を整える作用や神経のバランスを調整する作用があるため、更年期障害の症状を軽減させることがわかっています。

その他にも、高麗人参には血液の巡りを良くしてくれる働きがあります。血流が良くなり全身に血液が行き渡ることで、冷え性や肩こり、頭痛の改善に期待ができます。

副作用

健康食品として古くから用いられてきたものなので、基本的には副作用の心配はありません。ただし、個人の体質により効果は異なるので、体質に合わないようであれば飲用をやめた方が良いでしょう。

よく含まれている代表的な食材

高麗人参を有効成分とする健康食品は様々な形で販売されています。人参という名前がつけられていますが、野菜の人参はセリ科の植物なので、全く別物です。

製法

高麗人参を栽培、収穫して乾燥させてから製品化されています。

価格・希少性

高麗人参は栽培が難しいということから高級品として扱われています。最も高級なものは大変高価な値段で取引されることもあり、希少性が高い健康食品です。