「カンカ」の効果・効能・副作用

カンカ

カンカは、中国のタクラマカン砂漠に生息する寄生植物です。砂漠という非常に厳しい環境の中でも育つことのできる強い生命力を有した植物であり、古くから健康長寿に良いとされて現地の方には健康食品として親しまれてきました。

現在では、カンカの研究が進み様々な健康効果を有していることがわかっています。

効果・効能

  • アルツハイマー型認知症の予防
  • 更年期障害の改善
  • 美白効果
  • 生活習慣病の予防

カンカには、ポリフェノールの一種であるアクテオシド、エキナコシド、カンカノシドと呼ばれる成分が含まれています。この3つの成分がカンカの健康効果の原動力となっています。

この3つの成分に共通して有されている作用が抗酸化作用です。他のポリフェノールと比較しても非常に強力な抗酸化作用を有しているという特徴があります。その抗酸化作用の強さは、ビタミンCのおよそ5倍、ブドウポリフェノールのおよそ15倍だといわれています。

この強力な抗酸化作用によって、血圧や血糖値を低下させて生活習慣病を予防する、ストレスを低減させるなどの健康効果、肌を若返らせる、老化を防止するなどのアンチエイジングの効果に期待ができます。

また、カンカノシドには血管を拡張させて血流量の増加を促す作用を有していることがわかっています。血流量が増加すると、血流にのって全身に酸素や栄養素が体の隅々にまで巡り渡るため、疲労回復効果に期待ができます。

さらに、更年期障害を改善するという研究報告もあります。そのため、更年期障害特有のめまいや動悸などの身体症状、イライラや鬱などの精神症状の緩和に期待がされています。

その他にも、アルツハイマー型認知症を予防するという研究報告があり、中国では軽度のアルツハイマー型認知症治療薬として用いられています。

副作用

カンカは自然に生息している植物なので、副作用の心配はありません。しかし、過剰摂取には気をつけ、適正量の摂取を心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

カンカは植物なので、それを含む食材は存在していません。健康食品やサプリメントから摂取するようにしましょう。

製法

カンカは収穫後、粉末状にしてから主要な有効成分を凝縮させることによって製品化されています。

価格・希少性

カンカを主成分とした健康食品やサプリメントが発売されているため、希少性は高くなく手頃な価格で入手することできます。