「牡蠣エキス」の効果・効能・副作用

牡蠣エキス

牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれ、良質なタンパク質を含んでおり栄養価が高いことで知られています。その他にもグリコーゲン、ビタミン、タウリンや亜鉛などのミネラルが豊富に含まれており滋養強壮効果が広く知られています。

効果・効能

  • 滋養強壮
  • 肝機能の向上
  • 生殖機能の向上
  • 疲労回復

牡蠣エキスには、亜鉛がたくさん含まれています。

亜鉛の役割は、細胞の新陳代謝を促すこと、髪や肌に潤いを与える、免疫力向上、精力増強、美肌効果、体内の多くの酵素を活性化させるなどがあり、体をいきいきと保つ効果があります。
不足すると味覚障害、うつ、脱毛、薄毛、生殖能力の低下、傷が治りにくくなるなどの症状が現れます。

また、牡蠣エキスにはよく栄養ドリンクに配合されているタウリンが含まれています。
タウリンにはアルコールを分解するときに必要な酵素のサポートをする働きがあります。そのことにより、肝臓の負担を減らすことができます。
肝臓が活発に働くと、体のだるさの解消、二日酔いの軽減などの効果に期待ができます。

さらに、人のエネルギー源となるグリコーゲンも豊富に含まれています。
グリコーゲンは肝臓に貯蔵されており、必要に応じてエネルギーに変換されます。肝臓の機能を高めることにより、筋肉や脳の働きを活発化させます。また、即効性の疲労回復に期待できます。

副作用

牡蠣エキスの副作用は特にありませんので、心配する必要はありません。しかし、長期にわたり過剰に摂取すると肝機能に障害をきたす可能性があるので、適正量を摂取するようにしましょう。

よく含まれている代表的な食材

牡蠣エキスは牡蠣に含まれる成分を抽出して作られているため、他の食材には含まれていません。

製法

まずは牡蠣を煮沸してじっくりと煮詰めます。煮詰めることで牡蠣エキスを濃縮します。

また、圧力酵素分解という手法も存在しており、これまでの方法よりも鮮度の高い分解ができ、アミノ酸などの栄養素も高い濃度で凝縮できることがわかっています。

酵素を使用して冷凍生牡蠣を分解するので、食塩や食品添加物を使用することなく作り出すことができます。

価格・希少性

牡蠣エキスは様々な会社で健康食品として製品化されているため、手頃な価格で入手することが可能です。