「カイアポ芋」の効果・効能・副作用

カイアポ芋

カイアポ芋は、別称シモン芋とも呼ばれており、ブラジル南部にあるカイアポ山地で栽培されています。日本へは約10年前に紹介され、四国の山奥で滋養強壮に効果がある食材として栽培されてきました。

ほとんど甘みがないため、昔から食品としてより、滋養強壮や傷の治療、健康維持などを目的に食されていました。

また、カイアポ芋はビタミンやミネラルがとても豊富な作物です。土の養分を十分に吸収して育つため、一度栽培した土地には、8年以上何も栽培できないといわれています。

効果・効能

  • 精力の向上
  • 美肌効果
  • むくみ予防
  • 便秘の改善
  • 糖尿病の予防

カイアポ芋には、血糖値を下げる働きのある酸可溶性糖タンパクを含有しています。

そのため、糖尿病の改善に有効であるとして医療機関において注目を集めています。

実際に、ヒトを対象にした研究によって、2~3ヶ月血糖の状態を表し、糖尿病の診断において重要な指標となるHbA1cの値を低下させる効果が認められています。

その他にも、カイアポ芋にはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、体をサビから守ってくれることはよく知られており、老化防止効果が高いとされています。

クロロゲン酸にはシミの原因となるメラニンの生成を抑える作用もあります。さらに、カイアポ芋に含まれているビタミンなどの効果と相俟って、美肌効果が期待できます。

また、カイアポ芋には男性には欠かせない亜鉛などの成分も含まれているため、男性としての機能を向上させる効果にも期待ができます。

タンパク質や糖質の他にも、ビタミン類も豊富に含まれているため、精力増強や滋養強壮だけでなく健康全般に関しても非常に優れた食材であるといえるでしょう。

副作用

カイアポ芋は昔から食品として用いられてきた芋なので、基本的に副作用はありません。

しかし、過剰に摂取すると胃腸障害や下痢といった症状が起こる場合があるため、摂取量には注意しましょう。

よく含まれている代表的な食材

カイアポ芋は芋そのものなので他の食材には含まれていません。

製法

カイアポ芋はシモン芋粉末として健康食品になることが多く、その成分をうまく抽出するにはビタミンなどを逃がさないようにする抽出の方法が重要だといわれています。

加工の段階で、うまく成分を閉じ込めながら粉末化する製法が採用されています。

価格・希少性

カイアポ芋はお茶や粉末の健康食品として販売されています。どの商品もそれほど高価なものはありません。