「ヒスチジン」の効果・効能・副作用

ヒスチジン

ヒスチジンは、大人の体内では作り出すことができるので非必須アミノ酸となりますが、子供の体内では作り出すことができず、食事から摂取することが必要な必須アミノ酸になります。

ヒスチジンには成長を促す効果があるために子供にとっては非常に重要な成分の一つとなります。

効果・効能

  • 成長促進
  • 関節炎の改善
  • 脂肪燃焼効果

ヒスチジンは子供の成長に大きく関わるアミノ酸です。記憶力や集中力を向上させたり、神経の働きをサポートしたりする作用があり、子供時代にはとても重要な成分です。子供は体内でヒスチジンを作り出すことができないために、ヒスチジンを含んだ食品を適切に摂っていかなければなりません。

ヒスチジンが体内で腐敗、分解されることによってヒスタミンが生成されます。このヒスタミンが様々な健康効果をもたらしてくれます。

ヒスタミンには、血管拡張効果があります。血管が拡張することによって、全身に栄養素や酸素が巡り渡るようになるために、血圧低下、ストレス低減、関節痛の痛みを軽減してくれる働きがあります。

また、ヒスタミンには脂肪燃焼を促進する作用と満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる作用があります。ヒスタミンはしっかりと咀嚼することで活発に分泌されます。そのため、しっかりと咀嚼することを心がけることで、少ない食事量で満腹感を感じることができ、ダイエット効果に期待ができます。

副作用

ヒスチジンには基本的に副作用がないとされており、安心して摂取することができます。しかし、ヒスチジンから生成したヒスタミンには、アレルギー反応を起こし皮膚トラブルが発生することがあるために注意が必要です。

よく含まれている代表的な食材

ヒスチジンは、鯖、豚、鶏、チーズに多く含まれています。特に、鯖や鰹などの青魚に多く含まれているために、魚を食べる習慣のある日本人には不足しにくいといえます。

製法

ヒスチジンはアミノ酸なので、発酵法で生産されています。発酵法とは、タンパク質を原料として、微生物によって分解してアミノ酸を抽出する製法です。

価格・希少性

ヒスチジンは日本人が日常的に食べている食品から摂取することができるために、希少性が高いものとはいえません。

また、アミノ酸をマルチに配合している健康食品やサプリメントに含有されていることが多いので、食事以外からも摂取することが可能であるために、比較的安価に入手することができます。