「ガラナ」の効果・効能・副作用

ガラナ

ガラナはブラジルのアマゾン川流域に生息している植物です。滋養強壮、疲労回復などの効果があるとして、先住民であるガラニス族は種子を加工して鎮痛剤や飲料としてガラナを使用してきました。

ガラナの名前の由来はガラニス族からきています。

効果・効能

  • 滋養強壮
  • むくみ防止
  • アルツハイマー病の予防
  • 集中力を上げる
  • 運動能力の向上

ガラナの主成分は、ガラニンと呼ばれるカフェインの一種です。

ガラニンには様々な作用があることがわかっています。

まずは、脳を刺激してアドレナリンの分泌を促し、覚醒させる作用があります。

アドレナリンには、全身へ血液を送り出す心臓のポンプの能力を上げる働きがあるため、全身の血流量を増加させます。そのため、血流量にのって全身にエネルギーや酸素が十分に行き渡るため、集中力の向上、運動能力の向上、疲労回復効果が期待できます。

次に、ガラニンには利尿作用があることがわかっています。体内に溜まっている余計な水分を体外に排出することによってむくみの改善に期待ができます。

さらに、ガラニンにはアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβタンパク質が生成される際に必要な酵素を抑制する働きがあることがわかっています。そのため、アルツハイマー型認知症の予防に効果があるとされています。

また、ガラナには、コーヒーの3倍もの量のカフェインが含まれており、さらにカフェインは体内に吸収されてから5分程度で効果を表すのに対して、ガラニンは2時間以上かけてゆっくりと吸収されていきます。そのため、体への負荷や中毒性が少なく、穏やかで強い覚醒作用を有しています。

副作用

副作用は特にありませんが、心臓のポンプ能力の向上させる作用があるため、心臓疾患、不整脈を患っている方は、医師や薬剤師に相談しましょう。

よく含まれている代表的な食材

ガラナはコーラや栄養ドリンクに配合されて販売されています。また、ガラナ飲料としても商品化されています。

製法

ガラナはガラナの種子からエキスや粉末化させて抽出します。

ガラナの有効成分を破壊することなく栄養分をしっかりと獲得するために凍結乾燥製法などを利用します。

価格・希少性

ガラナ飲料は、日本では北海道やブラジリアンタウンで日常的に飲用されています。そのため、希少性の高くなく、手頃な価格で購入することができます。