「トンカットアリ」の効果・効能・副作用

トンカットアリ

トンカットアリはマレーシア、シンガポール、スマトラ島、インドシナ半島などの東南アジアに生息しているニガキ科の植物です。現地では、精力増強を目的として古くから親しまれてきました。近年では研究が進み様々な効果があることがわかっています。

効果・効能

  • 精力向上
  • 筋力アップ
  • 血行促進

トンカットアリには、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増加させる効果があることが研究によってわかっています。体内のテストステロン量が増加することで、男性らしさを保つことができます。

テストステロンは20代をピークに加齢によってどんどんと低下していくことがわかっており、トンカットアリを摂取することによって、テストステロンの低下を防ぐことができます。そのことによって、滋養強壮、精力を高めることに期待ができます。

また、男性らしさの象徴である筋肉にもテストステロンが関係しています。

テストステロンがタンパク質の合成を行うことで筋力が成長していきます。そのため、普段からウエイトトレーニングなど運動している方が摂取すると、効率よく筋肉を肥大させる効果に期待ができます。

さらに、トンカットアリには、血行を促進する効果もあります。血行促進の効果とテストステロンの増加の効果の両面からペニスへの血流量を増加させて勃起不全の改善や冷え性、肩こりの改善にも期待ができます。

トンカットアリには、男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンを分泌される効果もあるために女性が摂取した場合にも、女性らしさのアップにも効果が期待できます。

副作用

トンカットアリは天然ハーブであり、古くからの歴史のある成分なので副作用の心配はありません。しかし、過剰に摂取することによって体調不良が起こることがあるので、適正量を守り摂取しましょう。

よく含まれている代表的な食材

トンカットアリはハーブであり、その有効成分を含む健康食品がたくさん販売されています。

製法

トンカットアリを採取して乾燥させます。その後、粉末化して有効成分を抽出することによって製品化されています。

価格・希少性

日本では生息しておらず、東南アジアなどの熱帯雨林に生息しているハーブであるため、やや希少性が高いといえます。

しかし、様々な会社からトンカットアリを含有した健康食品やサプリメントが販売されているため、手頃な価格で入手することが可能です。