「コラーゲン」の効果・効能・副作用

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種であり、体のハリや弾力を作り出しています。

人体を構成するタンパク質のおよそ30%がコラーゲンで占められており、その多くが皮膚に存在しています。およそ40%は皮膚に、およそ20%は骨や軟骨に、その他は血管や内臓など全身に広く分布しています。

効果・効能

  • 美肌効果
  • 髪の健康向上
  • 爪を強くする
  • 骨を丈夫にする
  • 関節痛の改善

皮膚は表皮層、真皮層、皮下組織の3層構造になっています。その中の真皮層にコラーゲンが含まれており、およそ70%を占めているといわれています。

真皮層では、コラーゲンが繊維状に張り巡らされており、エラスチンやヒアルロン酸などの潤い成分が内側から働き、肌のハリや弾力を保っています。そのため、コラーゲンが不足すると乾燥肌やたるみの原因となります。

また、髪の毛や爪もタンパク質の割合が多い組織なので、コラーゲンが不足すると髪や爪の健康を失ってしまいます。コラーゲンを摂取することで、太くコシ、ツヤのある髪の毛になったり、ひび割れていた爪が丈夫になり、割れにくくなったりするなどの効果に期待ができます。

さらに、コラーゲンは関節痛の改善にも役立ちます。

関節痛の原因は、骨と骨を繋いでいて、衝撃から負担を逃がすクッションのような役割を果たしている軟骨がすり減ってしまうことにあります。軟骨がすり減った結果、骨同士がぶつかり合うことで痛みを生じます。軟骨にもコラーゲンが含まれているため、コラーゲンを摂取することによって、軟骨が再生されて痛みを軽減させてくれる効果に期待ができます。

副作用

コラーゲンの副作用は特にありません。

しかし、過剰に摂取することで皮脂の分泌が活性化されてニキビや吹き出物ができやすくなったり、摂取したコラーゲンがアミノ酸に分解されて、その後脂肪へと変わるのでセルライトができやすくなったりするなどの症状が現われることがあります。そのため、適正量の摂取を心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

コラーゲンは、牛スジ、フカヒレ、軟骨、白モツなどの食材に豊富に含まれています。

製法

原料である動物の骨や皮を下処理してゼラチンを抽出しやすい状態を作り、その後十分に洗浄してから熱湯に浸してゼラチンを抽出します。このゼラチンを乾燥、粉末化した後に酵素を使用し分解してコラーゲンが作られます。

価格・希少性

コラーゲンは食事からも摂取可能な成分であり、健康食品を様々な会社からリーズナブルに値段で販売されているため、希少性は低いといえるでしょう。