「アスパラギン」の効果・効能・副作用

アスパラギン

アスパラギンは野菜であるアスパラガスから発見されたアミノ酸の一種です。

アスパラギンを加水分解するとアスパラギン酸が生成されます。両者とも名前が似ていますが、それぞれ別の栄養素になります。

効果・効能

  • 利尿作用
  • 解毒効果
  • 持久力向上効果
  • 精力向上効果
  • ストレス耐性を高める効果
  • 疲れにくい体を作る

アスパラギンには体内のエネルギーを作り出したり、尿の合成を促進するので人体にとって有害な毒素成分であるアンモニアを体外へ排出する働きがあります。アンモニアを排出することで、老化や疲労を防いだり肝臓の負担を減らすことで疲れにくい体を作ることができます。

また、アスパラギンは筋肉の元となるタンパク質の合成にも関わっているため、筋力アップに重要な栄養素です。タンパク質が不足すると、それを補おうと体内のタンパク質が分解されてしまい、その結果体力や免疫力の低下につながってしまいます。

副作用

アスパラギンには基本的に、過剰摂取による害は報告されていないため、副作用の心配はありません。

よく含まれている代表的な食材

アスパラギンを多く含む代表的な食品としてまず初めにアスパラガスが挙げられます。アスパラギンの名前の由来になっているだけあり、豊富に含まれています。また、アスパラガスにはビタミンも含まれているため、美容効果が高い食品といえます。

他には、大豆もやしもアスパラギンが多く含まれている食品とされています。

大豆もやしにはアスパラギンがアスパラガスの約2倍含まれていて、野菜の中でトップクラスといえます。

低カロリー、低価格なのでアスパラギンを摂取するのに最も手に取りやすい食材といえるでしょう。

製法

アスパラギンは抽出法で精製されます。抽出法とは、大豆、ジャガイモなどの自然のタンパク質を加水分解した状態で分離・精製を行い、アミノ酸の結晶を得る方法です。アミノ酸の製造法として最も多く用いられているのは、発酵法という微生物によりタンパク質をアミノ酸の分解させる製造法ですが、アスパラギンのように原料のタンパク質に目的のアミノ酸が多く含まれている場合は、抽出法が有効な製造法となります。

価格・希少性

アスパラギンは日頃の食事から摂取することのできる栄養素であるため、価格は気になるほどのものではありません。また、サプリメントも低価格で販売されているため希少性も高いとはいえません。