「アルギニン」の効果・効能・副作用

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で体内でも合成されるため、準必須アミノ酸に分類されています。

子供の時期や40代以降は加齢により体内で十分な量の生成が見込めなくなるため、食事やサプリメントから十分量を摂取することがすすめられています。

効能効果

  • 免疫能力の向上
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 疲労回復

アルギニンは体内に侵入してくる細菌やウィルスに対しての抵抗力を高める働きや、体内で発生するがん細胞を攻撃する働きがあります。免疫システムを高めることにより風邪やインフルエンザなど感染症にかかりにくくなり、また、がん細胞の増殖を抑えることができます。

他には、成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。脳下垂体から分泌される成長ホルモンは傷を早く治したり、病気にかかりにくい体を作ったりする効果があります。

また、成長ホルモンには食欲を抑える作用があり、筋肉を強化して脂肪の代謝を促す効果もあるためにダイエット効果や筋力アップを期待できます。

さらに、アルギニンは、男性の精力向上にも効果があるアミノ酸です。
精力が減退する原因については個人によりいろいろなものがありますが、不妊の原因のおよそ半分が精子量の減弱によるものとされています。

アルギニンは血行促進効果があるために、精力の向上や精子量を増量に期待できます。

副作用

アルギニンの副作用は腹痛、下痢、胃が荒れることが挙げられます。過剰に摂取することにより肝臓や腎臓に負担をかけてしまうので適正量を摂取するように心がけましょう。

よく含まれている代表的な食材

アルギニンは鶏肉、マグロ、エビ、大豆などに多く含まれています。また、アルギニン配合のサプリメントや栄養ドリンクも数多く開発されています。

製法

国内ではアルギニンの製造に高い実績を持つ会社があり、高純度のアルギニンを抽出する独自の製法を行っていることがわかっています。またアルギニン高含有酵母エキス組成物として作り出す製法も特許として出願されています。

価格・希少性

アルギニンは通常の食品に含まれているため、低価格で摂取できます。また、サプリメントも販売されているため希少性も高いとはいえません。

しかし、食事から十分な量摂取しようとすると他の栄養素が過剰になってしまうため、サプリメントからの摂取をおすすめします。